細々とおたく

舞台とかの感想を雑多に書きます

舞台刀剣乱舞 義伝 暁の独眼竜

刀ステ新作観劇してきました。

※なおまだ公演期間中ですが、この記事はネタバレを含みます。

 

 ログインボイス

太鼓鐘貞宗

「刀剣乱舞、始めるぜ!派手に行こうぜ!」

燭台切光忠

「刀剣乱舞、始めるよ かっこよく、決めたいよね。」

 

⚫キャラ雑感

三日月宗近

じじいっぽいしゃべり方とじじいっぽい歩き方と(優雅)、じじいっぽい動作の数々。なんか食えないじじいだな〜!!って感じがしました。おちゃめなおじいちゃん可愛いよ。なのに人ズバズバ斬るんだもんギャップ。

・山姥切国広

恥ずかしがってすぐフードかぶるのは仕様でしょうか。刀ステの山姥切国広は近侍で責任感が強くてでも本来の性格から上手くいかなくてでも頑張りたい…みたいな健気なこでした

鶴丸国永

今回伊達組ってことでスポットライト当たってた〜!健人くんかわいい…鶴丸国永今回の刀の中では一番好きかもしんない…うちの本丸にいないけど…(悲しい)

・燭台切光忠

とんちゃん!!!今回の光忠くんは結構光忠クッキングとか光忠らあめんとか、和ませ要員だった気がします。前作見てないけど。

・太鼓鐘貞宗

この子と光忠の仲良しぶりがつらい。かわいい。。

・大倶利伽羅

かっこいい…髪型があれだけど…色黒だけど…ゲームやってたくせににわかすぎて大倶利伽羅が馴れ合わないことを知りませんでした。マジで馴れ合ってない。けど意外と優しい。

・歌仙兼定

見た目まんま歌仙兼定じゃないですか?すごい再現度で辛い。和田琢磨さんすごい。でも大倶利伽羅とそんな仲悪い設定なのか〜;;;;と思いました。あと歌仙兼定が小夜左文字にめっちゃ過保護なのに小夜がつれないのがかわいいです。

・小夜左文字

小夜左文字〜!!!かわいい。納谷健くんすごい。なんかしゃべり方とか、歩く時話しかける時モジモジしてる時がすんごいかわいくて土下座って感じでした。かわいい。

 

○殺陣

殺陣すごい。あのー、、、殺陣すごいです。

・三日月

給料分は働かないとなあ…っていって、めっちゃバッサバッサ斬り出してすごい。しかも、めっちゃ強いのに、もうこれだけで終いか…?それでは俺は給料泥棒だなあ…って言っててどんだけ強いの…ひらひら舞みたいな殺陣でした。

・山姥切

ズバズバと斬ってくタイプの殺陣だなあって感じでした。舞いながら切るというよりかはもうどんどん斬る…みたいな。太刀と打刀の違いみたいなのを二人の間に感じます!!!(根拠はありませんただの主観です)

鶴丸

この人も舞タイプだなって思いました!太刀!でも三日月との違いは、三日月は地に足ついた舞で、鶴丸はひらひらと上に待って本当に鶴みたいに飛んでました。

・燭台切光忠

腕も足も剣も長いので長さ生かしてバシバシ切る感じ

・太鼓鐘貞宗

結構ガンガン後先考えずに突っ込んでいって、うおっとあぶねえ〜!!ってなってる事が多々。でもちっちゃいから敵に捕まりながら他の敵を斬ったり、光忠を軸にして回りながら敵を倒したりなどなど、自分の戦い方があるんだなあ〜と思いました。戦ってて楽しそう。

・大倶利伽羅

あの〜本当にかっこいいです。刀を振る速度がめっちゃ速い。次々と切り捨てて、やっぱりこの人の殺陣はいいなあ…って思いました。

・歌仙兼定

一閃で敵をバサーーーーって切るって感じでした。一回斬ったら敵が一回転。一太刀の威力がすごい。

・小夜左文字

斬る、ってこともそうだけど敵に蹴り入れたり、戦い方が斬るだけじゃないところがすごくよかったです。回し蹴りとか…アクションすご…可愛いのに、一度斬る、ってなったらスイッチの入り方が凄いなあ…と思いました。全員…殺す!!!って言っててやっぱり復讐の感じが出ていました…小夜ちゃん…

 

 

⚫シーンとか 話の流れ とか

・オープニング

三「物が語ると書いて物語 今宵はこの8振りで語って聞かせよう…」

というセリフから始まって1人1人セリフ!これを見て、あ、刀剣男士生きてるやんけ…てなりました。

小「僕は小夜左文字…あなたは…誰かに復讐を望むのか…?」 むり さよちゃんかわいい

あと鶴さんの、俺みたいなのがいきなり来て驚いたか?が生で聞けてよかったです!

最初のシーンはもう刀生きてる無理顕現してる〜って感じでもはやそこで泣けました(序盤も序盤)。一振りごとに、最初一回刀を振るうと後ろに紋が出て、その後1人ずつ少しの殺陣と後ろにキャラ名役者名出ながら歌うんですけど…見てるのめっちゃ楽しい。

 

関ヶ原の戦い

 

我は東軍にも与せず、西軍にも与せず

お前もまた、天下を欲するというのか!藤次郎!!!!

 

場面は変わり、遠征から帰ってきた山姥切国広と小夜左文字。山姥切は小夜に先に帰って休むといい…と言うが小夜の様子はおかしくて…?

小「休んでる暇はありません…僕は復讐しなきゃ…」

一方その頃、本丸では、三日月と鶴丸の手合わせ中。すごい…二人が戯れのように殺陣をやってるのが可愛すぎました。そこで鶴さんが驚き欠乏症なんだ、俺を驚かせてくれ!と三日月に言ったら

三「お!そう言えば新しい茶葉が入ったんだ〜後で茶にしよう。」っていって(全然驚けない)、

鶴「あまりの驚きのなさに、驚いた。」

って言ってこのあと二人でハッハッハ〜!て笑うんですけどこの笑うところがすごいじじいっぽい。その後山姥切が現れ、小夜の行方を聞く 近似として頑張る山姥切がちょっとからかわれててかわいい。そうして山姥切が去る。

三「よし、じじいは茶の時間にしよう」

鶴「また茶か〜」

 

光忠貞宗の再会イン畑

光「本丸の朝は早い…!しっかり育ってねえ〜パプリカくん!!!」

そこへみっちゃん〜!!!!と叫びながら貞ちゃんがやってきます(客降り)。光忠が貞ちゃん抱え上げてぐるぐる回すんですけど可愛さ。二人で畑耕してて可愛かったです…貞ちゃんの内番衣装が可愛い。短パン!

本丸にて

審神者的には、今回は伊達細川あたりの所に時間遡行軍は目をつけているとふんでいる…そこで審神者は歌仙兼定、大倶利伽羅を遠征任務へと駆り出させる。しかし遠征先で歌仙と大倶利伽羅は喧嘩!大変

 

光忠クッキング〜

ずんだ餅作ってました。山姥切国広がアシスタントしてて割烹着で可愛かったです。割烹着全然脱げなくて脱げない脱げないって端でもがいてたら、大倶利伽羅がやって来て鼻で笑われるっていう。かわいい。ここで歌仙と大倶利伽羅が喧嘩したっぽいみたいなのがみんなに知れ渡る。そこで鶴丸審神者に相談したところ、、遠足に行くことに!しかし、近侍が真面目なため遠足は遠征兼遠足に。

歌仙が、遠足のしおり、って書いてある紙を持ち、名前のところにしっかり歌仙兼定 って名前書いてるし、三日月は自分の紋の旗持ってるの可愛すぎたし…みんなでどんぐり探すし…山姥切が1人だけどんぐりを探そうとするなあ!!!って叫んでいるのが可愛いです。その後みんなでバラバラになりながら探索、大倶利伽羅の後をつける小夜。

「うちの歌仙が、すみませんでした…」

「そんなことを言うために後をつけていたのか」

小夜は自分の名前の由来の歌の話をします。大倶利伽羅「歌などには興味が無い…が、いい歌だ…」…優しいかよ…。そして自分の復讐、刀としての物語を語る小夜…身の上話は興味が無い、と言いつつも全部聞いてあげる大倶利伽羅

小夜「あなたの元の主、伊達政宗様はどんなお方だったんですか…?」

そこへ現れる歌仙 「そんな東北の田舎刀と喋ってはいけないよ…!」大倶利伽羅は去ってしまう  

歌「さあお小夜、行こう」

小「行きません(怒)」そして去る

歌「小夜が冷たい…」

(一同笑い)

 

倶利伽羅を見失ってしまう小夜。その時、小夜の元に飛んでくる矢。

小夜「時間遡行軍か…!?」

現れたのは二人の男(眼帯アンド髭面)、どうやら狩りの途中、小夜を獲物と間違えて射てしまったようだ。ここで髭面の方が童子、怪我はないか!?といって怪我がないと分かると頬ずり。痛い…て頬をおさえる小夜が可愛いです。その後刀剣男士登場。誰かがあなたは…?と言うとその眼帯の男は答える。 私は、伊達筑前政宗だ…と。眼帯の男は伊達政宗、髭面の男は片倉景綱(小十郎)だった。

政宗「君たちはこの童子の親代わりかね?」

歌仙「そうです、私達はこの子の親代わりで兄代わりです!!」

小夜「違います。」

(一同笑い)

何者かと問われて、太鼓鐘貞宗が焦って歌仙にこいつが答えるぜ!!!と言う。焦る歌仙。光忠が一言、「さよちゃんが、見てるよ」

歌仙「ぼ、僕達は百姓仲間で、祭りに向け着飾りお稽古を…(わたわた)」

後ろで何言ってるの違う馬鹿〜!!みたいにガタガタしてる小夜の可愛さプライスレス。一瞬疑われるが解放、ずんだ餅をもらう。そして、政宗小十郎と別れる。その後、なにかに気づく貞ちゃん小夜、そして走り出す。現れる時間遡行軍!!なんとその中にいたのは伊達政宗の黒甲冑であった…強すぎな黒甲冑、戦いの最中小夜は重傷を負ってしまう。帰還する刀剣男士。天下への思いを強くしてしまう伊達政宗

帰還し、中傷までのものは手洗い部屋を出たが、小夜は眠ったまま。そして審神者から、任務がくだされる。

三日月「して、今回の編成は…!」

 

~出陣の儀〜

三日月宗近 鶴丸国永 燭台切光忠 大倶利伽羅 歌仙兼定 太鼓鐘貞宗

今回向かうのはこの6振り。出陣先は、関ヶ原の戦い

関ヶ原の戦い、存在してはならないはずの伊達政宗が現れてしまう。天下を欲する伊達政宗細川忠興との戦いの末、細川忠興に討たれてしまう。そこへ現れる黒甲冑

伊達政宗、お前は天下をとる男、こんなところで死んではならない…」

〜〜〜〜

刀剣男士達が気がつくとそこは、暁の刻であった…関ヶ原の戦いが今まさにはじまろうとしている。時間が逆流していた。しかし、歌仙兼定、大倶利伽羅の姿が見えない。なんと両名は細川忠興に捕えられていた。歌仙兼定の元の主である細川忠興。血なまぐさい男だと、歌仙は軽蔑していたが…、、風流を歌仙に説く細川忠興。歌仙兼定の心は少し変わったかもしれない…と思いました。

その後、戦真っ只中関ヶ原…またしても伊達政宗細川忠興に討たれ、再び時間は逆流してしまう。

 

三度、関ヶ原の戦い前、暁の刻、全員揃った上で、またこの時代へ逆戻りしてきた。どうあってもこの時間ループから抜け出すには、伊達政宗を止めねばならない。刀剣男士達は、伊達政宗の元へと向かう。そこへ現れる黒甲冑、刀剣男士達との死闘が始まる!!!!

 

同じ頃、本丸

目を覚ました小夜左文字、そこへやってくる山姥切国広。自分の話をする山姥切、小夜も自分の悩みを吐露する。復讐は果たされているはずなのに、自分の中の復讐心が消えない…と。そこで山姥切国広は小夜を手合わせに誘う。復讐心を自分にぶつけろ…と。始まる2人の手合わせ。殺陣すごい。

 

そして場面は関ヶ原

殺陣が1人1人になって台詞とかあってめっちゃかっこいい。大倶利伽羅の、俺がどうするかは俺が決める、俺お前らなんかじゃない!!!!!とか。俺一人で十分だ…とか。よい。私がこの中で一番好きなのは鶴さんの

「紅白に染まった俺を見たんだ、あとは死んでもめでたいだろう!!!!」ですね。

途中からあの真剣必殺?バージョンなんで服がボロボロのやつになって腹とか見えてテンアゲでした。

 

雑魚は倒せるけど、黒甲冑強すぎて、しかも大倶利伽羅伊達政宗が泰平の世を渡り歩くより、戦場で死んでほしい、そのための道具で良かった、と思っていた。そのため黒甲冑の誘惑に負け、囚われそうになる。そこをすんでで鶴丸国永が防ぎ、

鶴「ダメだぜ〜伽羅坊」

鶴丸国永は黒甲冑に取り込まれ消えてしまう、一旦消える黒甲冑、三日月歌仙と合流。

 

そして…黒versionの鶴丸国永登場。黒い着物になって髪の毛の一部だけ銀髪であとは黒髪ですばらしみ。めっちゃ強い。鶴丸国永VSその他6振りとなる。

詳しい部分は忘れたんですけどこの辺りで政宗公も最早天下は見果てぬ夢じゃ…みたいになってて、あれは己の心が生み出したものであるからワシが倒さねば、となってた。体に張り付いている黒甲冑さえ剥がせれば、おそらく鶴丸国永は助け出せる、となりそれを狙う刀剣男士。黒鶴丸国永との激しい戦い。あわや危ないと思われた瞬間、黒甲冑(鶴丸国永)の、動きが止まる。そして、

「どうだい、驚いたかい黒甲冑?」

「鶴さん!!!あんたわざと!!!」

「驚きの新戦法だっただろう?」

鶴さん…あんたすごいよ…、てな感じで黒甲冑(伊達政宗の黒甲冑に芽生えた付喪神的なやつ)は消えていきました。

 

その頃本丸では手合わせ続行中の山姥切国広と小夜左文字。さすが山姥切国広、強く、小夜左文字は何度も地面に転がされる。

山「どうだ…?復讐の心は晴れたか…?」

小「晴れません…!」

山「だったらその復讐の心は、お前自身だ…。お前はどうなりない!!!!小夜左文字!!!」

小「強く…!なりたいです…!!」

 

黒甲冑との戦いが終わり、去っていく伊達政宗

歌「東北の田舎侍も、案外悪くないね…!」

大「どうでもいいな…」(しかし顔はこころなしか明るい)

ちょっと仲直りかな。

 

帰還後、しばらく経って今回の8振りにて遠征。遠征先はあの、伊達政宗が亡くなった時…。伊達政宗を見舞う細川忠興、二人の絆、それを見届ける8振りの刀剣男士…

光「僕達の主は、かっこいいなあ…!」

 

場面は変わって光忠らあめん。光忠がラーメン屋やってるんですけど、山姥切国広は食べないのに、

伽羅ちゃん食べる? って聞かれたら

ああ、食べる…って答えてみんなに驚かれてて可愛かった。

「別に俺は腹が空いているだけだ…馴れ合う気はない」

そこに歌仙も大倶利伽羅の所に酒を持ってきて、たまには無愛想なのと飲むのもいいと思って、とか言って素直じゃないけど少し仲直りなのも可愛いし、二人でずんだ餅食べてうまい!ってハモるのも最高ですか?って感じです。

貞ちゃんが派手にゆがくぜ!!!っていって麺全部こぼすの可愛すぎたなあ〜、他にもゆがいて麺をこぼさなくても、大倶利伽羅は(出す時に貞ちゃんの)指が入っている…とかいって突き返したり、伊達の刀のワチャワチャは最高でした…。最後に三日月が舞い、宴は続いていく…

(暗転)

するとそこは夜、旅支度をした小夜左文字が歩いてゆく…。出ていく小夜左文字、それを見送る三日月宗近

小「必ず戻ってきます…!」

 

そして最後は三日月宗近との審神者の会話で幕が降ります。

 

エンディングは自分の刀の名前の傘を持ち、歌いながら礼をしていきます。

 

刀剣乱舞、見に行くのヤダヤダマンだったんですけど、見に行ったら見に行ったでとても楽しかったです。刀の知識は微妙にありながらも、深い理解がない方が、舞台は二次創作オンパレードむり!てならないのではないかと思います。(私がそう)

正直刀を擬人化してる時点でどこまでがオリジナルでどこまでが二次創作かは判別が私には不能でした。とにかく出てる人が殺陣うまくてたのしいな〜!てなる舞台でした。

ただ私は刀剣乱舞分かりますが俳優目当てでいったのでやっぱりチケ取れないのはいやで〜〜す!!!!楽しかったけど!!全然取れないし!!!

 

願わくばやっぱりもういいかな…

殺陣は好きなんで殺陣があるなんか普通の舞台たくさん行きたいです。

 

おわり。

 

 

※一同笑いってのは観客のことです

 

 

初めてナルステを見た~暁の調べ~

   

 

ライブスペクタクルNARUTO(通称ナルステ)~暁の調べ~を観劇してきました。

※まだ公演期間中ですがこの記事はネタバレを含みます

 

ナルステは今まで見たことなかったんですけど何回もやってるし今回は暁ってこともあってイタチとサスケの話っぽい、ということで見に行くことにしました。

公演開始前になってなんだかどういうストーリーなのか一応把握しておこうかな、と思ったらストーリーが公式サイトに載ってなかったのでキャラビジュだけ全員分見て臨みました。

 

・キャラ雑感

 

主役の松岡くんのナルトが思っていたよりもずっと可愛い!アニメはずーっと女の人の声なので男の子の声のナルトはこんな感じかな〜!!って思いました。可愛い。

サスケは遠目から見るとちょっとむちむちしてるのかな〜って思っちゃったけどたまに声がサスケっぽくすごい聞こえるところがあっておお、、サスケ、、てなりました。サスケと杉山さんが好きなので…  佐藤流司くん初めて見たけど目が大きいですね〜

サクラの伊藤優衣ちゃんちょーーーー可愛い目がぱっちり。サクラの声とは全然違ったけどかわいいのでいいです。サクラかはともかくすごい可愛かったです。

カカシ先生はいっちばんカカシの声に似てね??と思いました似てるめっちゃ似てる…

ヤマトは顔が似てました…顔…

サイ!北村諒くん初めてお目にかかりました。腹だし衣装だったんですけども腹筋後方からでもめっちゃ見えたスゲー 白くて細くてサイかっこよかった〜帰りにブロマ買いました〜(軽率)

イタチはのイメージしてるイタチとは違ったかなあ…かっこよかったですけど…OPで出てきた時なんか悲しくなって泣きました。この兄弟の話ほんと好きなんでこのめーーっちゃあとのもう忍界大戦のあたりの話が頭ん中にバーーーって出てきて泣きました。もはや舞台関係ない。声も見た目もイタチ感は薄かったけど雰囲気イタチでした。立ち姿めっちゃイタチ。

鬼鮫…遠目から見るとめっちゃ鬼鮫やし喋り方も寄せてたんで良かったです。

デイダラは好きなキャラクターだったんですけどなんかあんまり出番的にも印象に残らなかったです。芸術は爆発だ!聞けてよかったです。

トビかわいかった。カテコで出てきてハッチャケてるのかわでした

水月 ホストちゃんで見てたはぎおくん〜!歌上手いなあと思いました。水月に顔全然似てないけど、、、

香燐 なんか似てた!カリンだった!なんかサスケにデレデレいじいじしてるのめっちゃぽくてすげ〜て思いました。

重吾 見た目似てるけどちょっと細いかな?あと付いてた腕がハリボテっぽすぎる あときみまろさんのこと覚えてなかったんで突然名前出されて誰?てなりましたにわかでした

カブト イケメンでした最後の客降りでめっちゃ笑顔でこんなふうに笑う人なのか〜と思いました。

大蛇丸 見た目すごい大蛇丸なんだけど喋ると、、う〜ん 歌声が好みじゃなかったので、歌がなければもっとよかったなと思いました。でも声高くて歌はよく通ってました。上手いと思います。

 

・気になったところ

 

⚫なぜ歌う?

同じ歌何回も出てくるし、セリフに調を付けているので歌が字余りの連続。長ったらしいセリフに調がついてるから余計聞き取りづらくてイマイチ話が入ってこない。

普通にずっとセリフで喋ってくれたらいいのにと思いました。俳優さんたちの演技を歌でダメにしていた感じ。ナルミュなの?って言ってた人がいっぱいいたのはこれか〜

話が全体的に暗いところだから暗めの歌ばっかりで疲れてしまった。セリフ聞きたい。

大蛇丸とサスケとイタチとかが目的はなんだみたいな歌を歌ってて何回も出てくるんですけどこの歌めっちゃ嫌い。目的はーー!!!うるさいよ!

大蛇丸の人の声(歌)が個人的にめっちゃ苦手でした。セリフは大蛇丸に似てたのに。

 

⚫話早すぎない?

キャラ多いからか知んないけど話がばばーーーーって進んでいやここ、これだけ?てなりました。サイのお兄さんの話とか、、雑、

、、

大蛇丸死んだ所とかね、サスケくん私のモノ〜!!!!→暗転→暁の場面→「大蛇丸が死んだ…」いや、え?死んだ所漫画でちゃんとうつすやん…

イタチとサスケのところにすごい時間使いたかったんだな〜て思いました。

の割にイタチとサスケのところはなんか何の話?って感じだったし、、なんかイタチこんなにサスケ煽ったっけ?とかこんながごごーー!!!って叫ぶ人だったっけ…私の知ってるイタチはもっと色々背負ってる人だからあ…

まあ話を少し忘れてしまったので…なんとも言えません。なんか本編は泣けなかった。天照とかスサノオとかのプロジェクションはすごいなって思いました。

あと風遁螺旋手裏剣の習得あまりにもはやすぎ。

全体的に急ぎすぎてて話知らないと多分わからないと思いました。

 

⚫このキャラいる?

出番少ないキャラが多すぎる 蛇(鷹)メンバーこれいる?OPと2幕以降ちょろちょろしか出てこないし、、香燐がなんで連れてこられたかとか香燐の能力とか一切触れないし…

あと人殺しちゃう重吾、最初のインパクトはあったけど以降は何してんの?って感じだった重吾はいつもの大人しくて優しいときと殺人衝動の時の二つのギャップがいいのにね。なんかなあ。

あと鬼鮫ね、一回も戦ってないし(笑)まあキラービー出てないから当たり前か〜とも思ったりしたけど鬼鮫ただイタチの横にたってただけだしイタチ死んでるし。暁バディでしっかり行動してください。大蛇丸カブトも二幕以降あんまりいないしまあ大蛇丸死んだからしょうがないんだけど。

キバヒナタシノ、あとペイン、シズネ、木の葉丸、これは同じ人たちがぐるぐる色々やってたね…?たぶん。

デイダラも出番少なかった、、好きなキャラなのに、、なんか変な風船膨らんでデイダラの巨大化表すし、は?ってなりました〜も〜なんなの

うちはマダラのはなしもゴチャゴチャしてて意味わからんし、、、

 

必要だったことはわかるけど出番少ないのめっちゃかわいそうでした。

 

 

・よかったところ

⚫シリアスとコメディの差

笑う所は笑う、シリアスはシリアス、混ざることは無かった。メリハリがついていてよかった。ナルトたちの楽しげな明、そしてサスケの暗、イタチの暗、暁の暗、そういったきちんと明暗が分かれていてよかったです。それにしてもサスケ闇落ちつれえな

 

⚫サイ

サイがよかったですあの〜闇抱えてるのに笑いを担当してくれてるの可愛いすぎですあと唯一下ネタ言ってるし。

サクラに対して

「僕は好きですよ、君みたいな感じのいいブス」

がめーーっちゃ好きでした。

 

⚫OPかっこいい

かっこいい。よかった。1人ずつ殺陣やって名前どーーーんみたいな。よかったです。

 

⚫最後の歌楽しい

なんかナルステのいつもの歌?なんですかね!初めて行ったので…なんかキャストの皆さんも楽しそうだったし近くまで来てくれた子もいたので軽率に最後楽しい気持ちになりました(単純)

 

・結論

 

歌はきついけどみなさんの演技はちゃんとしていて笑えるところもあって、OPと最後の歌は楽しかった。

 

 

通うのは無理だなと思ったけど一回行くくらいならいいか〜と思いました。観客も多国籍でNARUTOってやっぱ世界的!すごい!

おわり。

 

追記 キャラ雑感 カブト 大蛇丸 追加しました。

 

舞台 男水!

舞台男水!見に行ってきました~!!

東京公演も折り返しらしいです。今回の記事もネタバレありです。

先に見に行ってた友達がそこに水はあった、、とか言っててなに言ってんだコイツ?って思ってたんですけどすいませんでした。そこに水はありました。

 

登場人物の書き方

榊秀平(松田凌くん)

大樹(宮崎秋人くん)

礼央(安西慎太郎くん)

仁科(黒羽まりおくん)

平光希(れんおざわ)

滝(さとちゃん)

ダニエル(神永くん)

晴美(赤澤燈くん)

川崎さん(ちゃんとも)

一虎パイセン(池ぴ)

まあだいたいこんな感じで書いております。

 

⏬ここからネタバレ

 

話の流れはドラマとほぼ一緒でわあ~ドラマやんけ!と始まったときは思いました。ドラマやった意味?てなりました続きじゃねーんかい!!

川崎さんがめっちゃ怒っててめっちゃ怖い!!悲しい!!!ちゃんともかっこいい!!!

 

水の中では誰しも平等…… 

とかなんとか最初の方の台詞とかなんか秀平大樹礼央のごたごたとかまあなんやかんやあってOP!

最後に俺は馴れ合いの水泳はしない、じゃあな、っていって礼央が去っていってしまうんですが悲しいですでもOPは楽しいよ。

ゆにぞんの歌、めっちゃいいっすわ。あと晴美がかわいい、、晴美めっちゃかわいい……

てか今回の話は全体的にダニエル大勝利って感じでした神永大先生!!!アザース!!!!、!あとあの龍峰のマネージャーの森くんがかわいいですたまに切れるのめっちゃ好きです。

 

ダニエルに絡まれて突き飛ばして

「近くでみるとお前結構きれいな肌してんな!」っていったの好きすぎましたツンデレかよ。

ここ日替わりみたいで2回目見に行ったときは、「お前、きれいな瞳をしているな!!」でした。ポイントはしているな!!です。してんな!じゃないところがこれまたいいです。

 

龍峰のこないだの記録発表みたいなのでれんれんの平が1位でイエーイ!っていって一虎パイセンつきとばしたのかわいいおぶかわいいだしその後のごめんちゃい♥もかわいすぎました経済的援助がしたい。

 

今回の作品はドラマよりも内部に深く切り込んでる感じで、実際内部に切り込むのドラマの方が時間長いし行けるだろとおもったけど意外と舞台の方が新しく知ったことが多かったです。でもドラマみていかないと関係性がわからないからドラマはみてからいくべきだと思いました。ドラマは主に秀平大樹礼央の三人に焦点当たってましたからね。まあ舞台でも当たってるんですがね。

川崎さんが水泳できなくなったのは怪我のせいだとか(まあ予想はついてたけど)、晴美が昔選手だったけどオカマは泳ぐな!っていじめられてたこととか、一虎パイセンが昔コーチとか周りの大人にもてはやされたあとに生意気って見捨てられたこととか、仁科が普通科から龍峰の部長になったこととか。

掘り下げたら新しい発見ばっかり。原作読んでないのでこの話の構成がびっくりでした。

あとドラマでは大樹一回部活ボイコットするけどそれはなかったりとか。晴美が大樹に向かって大ちゃんのそういうとこがダメなのよ!!!って怒ったりとか。晴美がまじでいいやつすぎて辛いマジで。そんでかわいいわ。

 

そんでドラマではダニエルが坂から落ちて龍峰と遭遇するところが、ダニエルが、ライバルに挨拶する~!!に変わってたのが印象的でした。

一虎「スタイルワンは?」

ダニエル「オールジャンル」

いやまあ確かに。どれも泳げないからあ( )( )

ダニエルの名前いっこうに覚えない一虎かわいいし調子のってるダニエルかわいいしなんかダニエルっていいキャラしてますねほんと。

この遭遇の前に龍峰の日替わりで双子がモノマネ披露するんですけど私がみたのはあの千と千尋の神隠しの頭だけの三人組のやつのモノマネと、二郎の方のクセの強いアパレル店員でした。楽しかった~!!話の筋を壊さない日替わりが好きです。ハイステの及川、チームメイトの弱味を握るの巻、は無理矢理詰め込んだ感がねえ😞💦

 

はい。

 

龍峰との合同記録会のところとかはなんかまあドラマとほぼ一緒だったけど、礼央、原作よりぶちギレてるなって印象でした。秀平大樹のことそんな嫌い?わかったからもう辛いよやめて?って感じです。

はじめて仁科と滝くんの種目が長距離のクロールなことをしりました。

 滝くんは冒頭に出てきてたかな?ダニエルに君にはdistanceの魅力はわからないよ、、っていってました。かわいいね。

 

てか今さらなんですがあの飛び込むのをマットの上に実際に飛び込んで表現しててやばみって感じです。マットの上に一回転しながら飛び込むのやばくないすか?私だったら怖くてむり。

 

あと平くんドラマより性格悪いなって気がした笑 なんかドラマよりギラついてました。榊のことライバル視しているように見せかけて実は榊に負けることはないと思っていて……平くん途中までたぶんライバルの意味履き違えてるかなって感じでした。早くなってほしいけど自分より榊が速くなることは絶対にない。って思ってる感じがひしひしと伝わってきました。

でもかわいいです。れんおざわ!!!

最初のさっき言った龍峰との出会いのところで種目はーー?バック!一緒じゃ~ん!って騒ぐとこ超かわいいしね。わたしが見に行ったときはじゃあね!っていって投げキッスしてました。めっちゃおたくわいてた。それにキレてる晴美かわいいそこの三人~!!秀平は2回目見に行ったとき、投げキッスされたあと頬に手を当てて「やだ~//」って感じで照れててなんかこれは沸いたって感じでした。むりです。

 

合同記録会、最初は仁科滝の長距離組なんですけどなんかずっとクロールしててちょっと面白いなって思いました。シュール。なんかシュールってべつに悪い意味じゃないと思うんですけど悪い意味なんですかね?

そんでバッタで、大樹礼央真幸の3人。なんかいちいちなにしに来たんだよ!とかつっかかるし真幸によそ見してると追い抜くぞ!って言われたら、よそ見にすらならない……とかいってまじで大樹と礼央仲悪すぎて泣きそうです。で結局余裕で負けてキレられるし、森くんが止めてくれてよかった。森くんかわいい。

 

続いてバック~平対秀平。

平「さかきさかき~!!(ここで手をがってつかんで引き寄せる)俺、負けないよ(ニヤッ)」

かわきいむり。れんおざわと松田くんが同じくらいの背なのも推せますよね。てかこの二人って同い年だっけ?年近いですよね。なにこれ推せる。

そして平に負けたのに悔しがらない秀平に対してなんで悔しがらないの!?って詰め寄る平くん~

 

この合同記録会で秀平大樹はベストを出せたわけです。

 

そして帰り道。

ダニエルが、パーリー!パーリー! パーリー!パーリー!フゥ↑フゥ↑ パーリー!パーリー!

って言いながらやってくるんですけど腹が痛い。面白すぎるだろ。

 

ここでみんなでお礼を言います。

川崎さんありがとう!貴重な体験でした!これから川崎さんと一緒に歩んで行ければ俺たちもっと強くなる…!

 

それを遮るようにハイパーイラついている川崎さん。怖すぎたむり。

滝くんなんかこのあと部活やめるって言いますからね…

でも東ヶ丘の水泳部は五人なんで滝くんやめたら同好会落ちです。同好会落ちしたくないよ〜てなるんだけど、大樹は同好会でもいいっていいます。それに対して怒るのが晴美です!大ちゃんのそういうところがダメなのよ!!!です

まじここは泣いた。あんなに同好会落ちを食い止めようと三人で頑張って一年生が二人入ってくれたのにその努力はなんだったのか、大ちゃんは泳げて才能もあるくせになんで本気を出さないのか、ここで晴美の過去(昔は選手でいじめられてたこと)とかも明らかになるんですね…

 

そしてダニエルは滝くんを説得します。

滝くんはダニエルは泳げないくせになんでそんなに前を向いていられるのか、不思議に思ってました。

滝「何でそんなに水泳にこだわるの?」

ダ「そんなのできないからに決まってるだろ、なんでも初めから出来るやつなんていない!」

ダニエルなんていいやつなんですか?むりです 出来ないからできるようになるまで頑張ってやる、今は論外でもいい、でもいつか龍峰ぶっ倒す!前向きですごくいい子ですダニエル。最高かよ。

東ヶ丘一年組無理でした。絆最高未来は親友かな!!ー!!!!

 

そして五人が五人、それぞれ川崎さんにもう一度コーチをやってもらうようにお願いに行く。

 

大樹メインでここも日替わりがありましたね〜

 

川崎さんに練習のことで○○はやるのか?って聞かれて大樹がやります!って答えるのの一番最後がいつも日替りでした。

 

川「スタートとターンの練習は?」

大「やります」

川「俺の髪のセットは?」

大「やります…え…」

川「お前にこのクオリティは出せねえよ…」

 

みたいなね。なんだかんだ川崎さんも優しいなあすきです。

 

 

で5人が出てきて、秀平が明日から!いや!今からもっと練習頑張ります!みたいなのが流れてなんか歌流れ出してブルズ踊り出して、え?終わりすか?みたいな空気流れます。

 

そして秀平大樹は、礼央に会いに行きます。

礼「昔話をする気は無い…」

 

暗転。

アナウンス

都大会開始!

 

いきなり都大会になるからびっくりした。

滝VS仁科

試合開始前、

滝は分かってます、今の僕じゃ仁科さんには敵わない。でも、残りの高校生活かけて、仁科さんの記録を抜きます、東ヶ丘を龍峰に並ぶ強豪校にして見せます!

っていうんですまじ成長を感じざるを得ない滝結太〜😭

 

平と秀平の対決は決勝持ち越しです。

秀平くんがんばった。この時点で2人は2秒差。平が予選行く前に榊!(腕がッって掴む)後でね(ニッコリ)が最高すぎて無理でした。

 

礼央大樹はもう因縁すぎてな、途中に回想はさむし。礼央と大樹が2人でS1同じになった!ってわかったところとか最高仲良しなのにな。3人で楽しそうだったな。仲良しに戻ってほしいほんとに。

結果予選は礼央の勝ちです。ギリギリね。

 

そしてバック決勝。

平は計三種目くらい出ててスタミナは秀平の方が多く、最後の最後で焦り見事秀平が1位に。

この時平、クソー!!!!!って叫ぶんですけど鬼つらいね。

 

帰ってきた後に秀ちゃん…ってなく晴美尊さが爆発ですな。

そして続くから、と言って向かった大樹

 

そして帰り道。結局大樹は礼央には負けてしまったけれど、関東大会には行けますね!と言われて前向きに二人は関東大会に進むことに。

川崎さんも残ってくれるし!まずまずだって言ってくれるし!

まずまずだ、いただきましたー!!!って叫ぶダニエル可愛いなあ。

 

そして現れる龍峰。

 

最後に

礼「これがお前らの本気の水泳か」

秀「うん…」

大「いや!まだまだこれからだ」

礼「もうぬるい水泳すんなよ…(微笑み)」

 

なにこれ最高あんざいしんたろーー!

仲良しに戻るといいなあ。

 

 

というわけでゴリゴリにネタバレの感想というかほぼほぼ要約でした。

秀平大樹礼央が中学の時みたいに3人で泳げるようになりますように〜!

 

キャストの演技もお話もとっても見てて飽きなかったです! 

 

 

ちなみにこの記事書き始めは東京公園折り返しだったのですが気づけば大阪公演始まってもう今週大千秋楽…だそうです。

ハイステ 勝者と敗者

そこそこ前に大千秋楽迎えました、ハイパープロジェクション演劇ハイキュー!!勝者と敗者 見に行ってきました。思ったことを雑多に書いていこうと思います。順序ぐちゃぐちゃです!!

ネタバレしかない。

 

・序盤

1幕 第一楽章セッター対決

突然燕尾服をきて現れる及川そして王様の服を着た影山。両者突然指揮を始める。ちなみに8分の6拍子の曲でした。

及川 123・456 の二回振る奴

影山 1・2・3・4・5・6の六回振るやつでした。(どうでもいい)

そして現れるみなさんそして烏飼さん

「セッターってよぉ、オーケストラの指揮者みたいなもん……」どうたらこうたら

「とびお!よくここまで這い上がってきたね!」

「及川さん……俺はあんたを乗り越えていく……俺には仲間がいる」(ここで全員決めポーズ)(ツッキーはいつでも首が痛い)

 

てかこの最初の部分のバレーボール、排球、コート中央のネットを挟んで~ のところがなんか繰り返し言うのはめっちゃくどいと思いました。

 

研磨登場

「例えどんな風が吹いても……吹き飛ばされちゃだめだ……逆風でも味方につけるんだ」

風……この後もたくさん出てきます。猫の被り物あれはいったのかな?猫の被り物より私は常にたかとくんの顔を見ていたいです。あとカラスのでかいやつ。あれはなんなのか。烏野にとってカラスは味方なのになんで若干日向に向かってくるのかが疑問。

 

そしてOP。

全員が楽器弾いてましたね。

矢巾ペア どっちもバイオリン?とか?みたいな楽器でした。

国見金田一ペア 国見ちゃんフルート、金田一はチェロかコントラバス

松花ペア マリンバとなんか笛?わからなかった……

岩ちゃん ティンパニ

及川 指揮 

及川徹の指揮は全体的にゆったりした感じで影山との余裕の差みたいなのを表現しているのかなと感じました。

 

音駒

特にこの二人は楽器の概念は無し。ゲームっぽい感じで上から見たら音符を踏んだり、はてなマーク蹴ったりしてました。やっぱりこの二人は息もあってるしアクロバティックだし、いいですね。

 

コーチ 大太鼓

マート 小太鼓

先生 リコーダー(❓)

リコーダーみたいな持ち方なのに横に向けて吹いてた不思議~

 

烏野

大地さん トロンボーン

スガさん トランペット

旭 サックス

ノヤっさん ベース

田中 エレキギター(❓)

ツッキー ピアノ

影山 ドラム

縁下 シンバル

山口 マラカス(かわいい)

日向 手拍子( )

 

なんで日向だけ手拍子なのかってのと影山指揮じゃないんだ……いやそれをいったら菅原も……って感じですけどね。今回はなんかツッキーと影山の関係性とかを重視してるっぽいなと感じました。けどOPはツッキーと山口はセットだよって言うのを声を大にして言いたい。

あと今回のはバレーって感じじゃなかったですね。かわいかったけど。でも東京凱旋見に行ったとき後ろの方の女の人がノヤがベース引き出した瞬間ハアアカワイイ~!!!て叫びだしてお察しって感じでした。かわいいよね。わかるよ。そのあとも結構叫んでたんですけどまあ聞かなかったことにしたので忘れてしまいました。

OPの流れから配置ついて、烏野高校対青葉城西高校、試合、開始!となります。

 

影山日向の、

「今回も」

「「負けないッス!!」」はよかったです。あれこれOP前のシーンかな……烏野のウォーミングアップも皆OP前か…わからない

研子くそほどかわいいな。ほんと顔がどちゃくそかわいいな。

starting order のところは金田一がラッキョヘッド尖らせるのはよくわかんないな~って感じです。有澤くんの国見ちゃんと田中先輩のマッチアップもなんでその二人なのかなあ?って思ったけどそもそも青城と烏野の個個人にそんな因縁ないな……って思いました。わたっちとノヤが同時にぐるって回るのはすごいな~って思いました(語彙力)

 

そして試合の流れ。

及川初っぱなのツーアタック、ゆっくりな感じがしすぎてあんなにゆっくりなツーなら止められんじゃね?って思ったのは内緒です。バレーは経験者じゃなくて球技大会でやってたレベルなのでよくわからないです。

青城の音楽……まあ指揮に例えてるんでなるほどなと思いました。有澤くんの国見ちゃんがかわいいな~って感じです。バレエは流行りなんでしょうか。

1幕の青城に関して言えば阿吽の呼吸のところでバレエやるところがむりです😞💦ここはバレーやってほしい。私の阿吽はそうじゃない。これは脚本の問題なのでしょうか……?

でもまあ私はステと原作は違う世界線だと思ってるタイプの人間なのでまあ大丈夫です。

 

研磨のツーアタック、それと視線で振るやつ、あれは研磨の使いどころがなるほど~!と思いました。でも公演の途中から金田一が大袈裟にふられるのでそこまで金田一はアホじゃないぞ~?という印象

1幕で一番感動するのはやっぱり田中が及川サーブですごい狙われるところ……頬をバチコーン!とやるシーンは有名ですよね。あそこで立ち直ることのできる田中龍之介はやっぱりすごいなあ……。ほんとに、紛れもないエースの資質があると思います。

 

この後日向と影山の来いとくれの違いがばれる。ホワンホワンホワンが音になってました。アンケートの力なんでしょうか。すごい。そしてこの後から影山は少しずつ焦り始める。

烏飼コーチの

「攻撃が早くなってる……嫌な感じの加速だ……」

「なにと戦ってるか忘れんな!敵は及川ではなく青城だ!そして戦ってるのはお前だけじゃない!烏野だ!」が好きです。

しかし王様の影が影山に近づきどんどん点差は離される……

ここで、烏野高校、メンバーチェンジ

 菅原パイセンの登場です!ヤッター!

「大丈夫!一本切ってくべ~!」

のかわいさ。私はこのスガさんは私の思ってるスガさんとは少し違うのですが世界線が違うと考えればこのハイテンションな感じも許せます。真ん中で指揮してるの素晴らしくかわいい……

「俺は影山に技術も体格(身長?とかなんか忘れました)も劣るけど、チームのことは少しだけ長く見てきた。俺の仲間は、ちゃんと強いよ!」

「コートの外で見ていたとき、確かに悔しさはあった。でも、中にいるよりずっと冷静にゲームが見えていたきがする!試合に出れない時間もちゃんと糧になってる!」

 「スガははた目から見れば天才一年にレギュラーを奪われたかわいそうな三年に見えるかもしれない。しかしうんぬんかんぬん……烏野のもう一人の!セッターだ!!!」

マジ三年生の絆しんどい。のわりにそこなんていってたかなんとなく忘れてしまいました。

まあ結局最後のボールはアウトになって1セットめはとられてしまうわけなのですが、烏飼コーチに菅原、よく見てたな、って言われるスガさん見てこっちまで嬉しくなりました。最後は及川と菅原の影が大写しになりながら幕が降りて1幕終了。

 

 

2幕前に研磨とクロが出てきてわちゃわちゃ。ここは公演重ねる毎に自由度が増していってた気がします。

 

大阪前楽では、クロに食い倒れ人形の太鼓を叩くのをやらせようとしてなぜか胸を叩かせていやそうじゃないだろ!ってつっこまれたらなんてこったパンナコッタ っていってる研磨くんがかわいすぎてむりでした新喜劇……!

クロをねこま~ファイオーファイオーで走らせて世界一無駄な時間、っていった研磨もかわいすぎました。(なおこれは絶対にすたこんのときのかまかりけんた大先生のパクり)

わたしが見に行ったときは、クロは大体福永くんを読んでたんですが、海呼んでたときはおはぬくなーるっていってたし、犬岡呼んでたときははいっス!ってやっててかわいかったし(似てる)、ここの日替わりはなんか肩の力を抜くと言う点でとてもよかったな~と思いました。

 

そして2幕冒頭は3年過去回想。

塩田くんの旭さん似ててびびりました。個人的には後ろの一年生四人が烏野3年生が一年だったときの先輩と顧問の先生をやってるのがめっちゃ好きでした。海里くんの年より顧問の役がかわいすぎて……あと小坂くんが一回どっかの回で

「俺たちに貴重な時間を割く必要がないってことだ!クソ!」てところを

「クソ!スクワット!スクワット!」っていいながら去っていって不覚にも笑ってしまいました。

試合再開してたからはかの有名な布が登場して風が強調されてさらによくわからなくなりましたが、皆が頑張っていることは伝わりました( )

「だんだんと首がしまっていく気がする……」という台詞のもと長い布でぐるぐるまきにされたスガさんをみたときはなんだこれ?って思ったけど、そのあとの影山が呼ばれて、あとワンプレーかな……と言った菅原孝支……とうとみそして次のトス俺にくれ!といった旭!3年の絆最高ですありがとうございました。

で影山に交代。

スガ  うちの連中は……?

影山  ちゃんと皆強い。

勝てよ……から勝つぞ!!!

ただこの勝つぞがな~耳に痛い意見たくさん目にしました。やっぱあんなボルテージあげて叫ぶところではないですよね……

勝つぞォォォゥオオアアみたいな感じでしたもんね…

 

そして影山が戻ってからのツッキーとのごたごた!

青城の日替わり!矢巾くんががんばってるな……と思いました。あとわたっちが及川さんのモノマネがくっそうまい。

5/6マチネ矢巾コントが個人的には一番でした。

 

小坂くん、次第にツッキーみが溢れてきますよね……

「黙ってこのトスを打て庶民て言われてるみたいで腹立つ」

そこのごたごたの後に意図的にツッキーを使いだす影山。フェイント。人を出し抜くときツッキーはイキイキしますなあ~!っていってる山口も生き生きしててまじでこの一年二人かわいいのでどうにかしてください……

1幕2幕通して中学時代の回想が何回かあるんですがどこに挟まったのかは忘れてしまいました。

及川岩泉影山の中学時代がそこかしこに挟まってます。結構批判が集まってた及川が金田一に回想シーンいってこい!とか何幕だったんだろう( ) 忘れちまったぜ。

影山の

「秋山小出身、影山飛雄です!バレーは小2からです!よろしくお願いします!」

がかわいいですよね。

 

あと何回か鉄子と研子が嶋田さんに話しかけたりとか及川くんかっこい~!とかやってるのがかわいいです(もちろん主に研子)

2幕は2セット最後の点のとき(烏野マッチポイント)、攻撃のセオリーとしてはセンターからの速攻がベターなところを、及川が岩ちゃんにあげると影山が読み、ブロック成功、2セット目終了。セットカウント1-1。

及「孤独(独裁?だっけ)な王様がただの王様になろうとしている。あの爽やかくんは飛雄になぁにを教えたァァ!!!!」

 

これです。有名な台詞です。岩ちゃんと俺の超絶信頼関係を読んだってやつね。むしゃくしゃする、けど早くやろう!第3セット!ということで、薄い方の幕(プロジェクション映せるやつ)が降りてきて遊馬くんの顔が大写しになり、暗転

 

ここから音駒の二人が出てくる。こちらの都の選抜もセットカウント1-1。

研「簡単に勝てると思った?」

黒「一本とらせてやっただけだ!最後に勝つのはおれた……」

研「休憩しよ、休憩、10分。」

幕の向こう側から日向出現

日「それ俺のやつ!10分!」

 

3幕

なんか音がないところからはじまる。

3幕で一番ヤバイところはなんといっても、山口ピンチサーバーのところです!!、

二人の特訓回想が好きです。町内会戦のときのジャンプフローターサーブ回想シーン

山「すごい!もう一回!」

烏「大人げないぞ!」

嶋「無様なガキどもだ……」(ここたぶん日替わり)

烏「いや口悪!」

一番好きだったのがこれかな~無様なガキどもで不覚にも笑った。

 

山口壁ドンを、嶋田さんにやるところもかわいさ爆発って感じでしんどいです。一回なんかすごいイケメンな感じの時があってつらかったです。いつもは大体近い!す、すいません、って感じなのに、その日はなんかめっちゃ自信満々でいい声で自分でもビックリっていっててどちゃどちゃかわいいって感じでした。

山口のサーブを見て

嶋 「結構いいな~なすの品種で言うと、水茄子ぐらいだな!」

山「結構いいですね!」かわいい。

そして試合に戻ってくる。

菅「やまぐぅぅぅぅち⤴ 一本ナイッサー!」

かわいい。

月「山口ナイッサー。ヘマすんなよ(小声)」

やっぱこの二人の絆むり……

山「自分も戦えるって!証明しろ!」

頑張れ山口!サーブ入れ!!!

でも……ネット……つらすぎます。早く春高がみたいです。やっとここまで来たよツッキー(ニュアンス)のところのシーンをやる海里くんが見たいんですが……せめてそこだけでもやってほしいです。

 

3幕はワイヤーとかつかってて結構大変そうだなって感じがしました(雑) あの二人がジャンプさせられ続けるのはいたずらに体力奪って筋肉酷使させられてるだけ、って感じがしました。見てて辛いです。

 

そして最後、無情にも攻撃を読まれ、ボールは落ちる。セットカウント2-1。勝者は青葉城西高校。

 

このあとの大地さんの

「謝るな!今のはミスじゃない、ミスじゃないから、謝るな。」

がとても好きです。

 

最後の八百屋舞台でのご飯食べるシーン

好きなシーンなのですが、日向の勝ちてぇ!の言い方だけが……ちょっとな。って思います。今作では、日向がシリーズ1ガキに見えました。日向って曲がりなりにも高校生なのにな……うん。

あと武田先生の滑舌ってか演技どうにかならないかな……ご飯のシーンの時だけは真面目だったので、それで全シーンやってほしかったです。このシーンで一番好きなのは包容力バツグンの烏飼コーチ。大人。好きです。

 

そして青葉城西高校、白鳥沢に敗北(ここでなぞの拍手)

 

シーンは変わって音駒。ここでも風です。

研「風さえ吹かなければゲームは簡単だよ(ボールを打って飲み物を倒す)。ほらね、風さえ吹かなければゲームは簡単なんだ。」

大事なことなので二回言いました。というやつですね。、

研子ちゃんのカツラつけっぱなのはかわいかったと思います。

 

ところ変わって烏野。3年生!

3年が春高まで残ってくれて嬉しいです。

 

 

そして終わり~!!、

長くなりました。  

 

まとめとしては

・OPはバレーはしてなかったけど楽しかった

・世界線が違うと思えれば大丈夫

・でもキャストを酷使するのは辛いのでやめてほしい

・最後に流れる洋楽が頭にはりついてつらい

・武田先生の滑舌が辛い

・音駒の二人の必要性がわからなかったけどかわいかったのでよし

・国見ちゃんがかわいい

・山口がかわいい

・ツッキーと山口の二人がすき

・風と音楽は意味不明だけど深く考えなければ大丈夫

・途中出てきた布は前回の壁の方が理解できたしよかった

 

 

て感じですかね。

推しカメラ楽しかったです。

 

ボールよ落ちろ!願わくば相手コートに!

 

 

次回作品はあるのでしょうか。

ではでは。

 

ミニチュア!! フリーペーパーのナイス街

 

本日千秋楽を迎えました、ミニチュア!! フリーペーパーのナイス街 を、先日観劇してきました。

 

場所は六本木の俳優座劇場。

 

概略としては噂が光の速さで広まってしまう小さな街に左遷されてきた元新聞記者が、小さな街のお節介に揉まれて一皮むけた……のか?という話、と私は解釈しました。

 

青春群像劇ということで、これといってすさまじい何かが起こるわけでもなく、爽やかにまとめられていたという感じがしました。ネタも結構しこまれてたかな~笑いどころもところどころにありました。

 

ここ最近というか、年明けてからまだホストちゃんしか見に行ってなかったし、ほぼ若い女の子ばっかりに囲まれて観劇してたので老若男女、様々な方に囲まれて観劇したのが昨年のゴーゴーボーイズ以来って感じで新鮮でした~!女の子の出演者が多かったからかも!

 

※一応ここからネタバレも含みます

 

好きだったところ

 

・町内会長の娘に振り回されるお祭り実行委員長

 

この人の芝居面白い。面白い役柄だったし振り回されてかわいそうだったけどそれがきちんと笑いになってた。土下座で土下座をお願いするところと、写真を全力で断るのにシャッターの瞬間決めポーズするのが好きでした。寺山さん!というお方です!とてもよかったです!

 

・いがみ合う蕎麦屋(もんた蕎麦)とイタリアンレストラン(キャピュレット)の息子と娘

 

名前がロミオとジュリエットに似てて想像した通りのロミジュリパロ。森田くんかわいいね。じゅりえ役の人森田くんより全然年上ってマジ?見えない という感じでした。いきなりしゃべり方が舞台チックになってロミオ!ジュリエーーット!!みたいなとこすきでした。森田くんのジュリエットがもう少し伸びがいいともっとよかったなあ。でも森田くんかわいいです。ブロマイド買いました。欲をいうなら本番の時の髪型のブロマイド欲しかった。

 

・イタリアンレストランの取り巻きたち

 

蕎麦屋ひたすらバカにしててやばい。女の子一人男の子二人だったけど顔が皆いい。バカにしてるときの笑いかたが上品というか、好きでした。回り舞台とかめっちゃ回したりするの見えた。裏方お疲れさまです。いい味だしてました。

 

・五十嵐さん北園さん

 

足長!!!背高!!!!

特に五十嵐さん足の細さ長さスタイルのよさ……引くわ逆に……

背が高い人好きなのでひたすらにそこしか見てなかった。北園さん初見でしたがかっこいいですね……野球諦めた元プロ野球選手の役だったけど、、かっこよかったなあ……バッティングセンターでのシーンよかった……

 

あとその北園さんと幼なじみ役のみやこさん、武子くん、よかった。仲良し最高。

 

メイド喫茶の店長さん

 

ひたすらの顔芸とにじみでるうざさ、この人が一番笑いとってたんじゃないのかな。すごい。

 

 

あんまりなあ……ってとこ

 

・人が多すぎてどたばたしてて全体的によくわからん

・声が通らないところもあって聞き取れないところあり(特に全員が一言ずつ叫ぶところ)

・私的には吉岡さんのアニ声気になった……でもとても聞き取りやすかったです。

・町内会長の娘がひたすらに理不尽。最後いいやつぶってたけど人間としてどうなのって思った。実行委員長ほんとかわいそう。

・街のお節介とか人情を訴えかけてきてたけど正直サムい

・あんまり何にも劇的な事件が起こんない、割には笑いどころが少ない

 

って感じです。面白いところはあったし好きな演者さんもいたけど全体の後味は微妙。何て言うかサムい。おもしろい!!!また来よう!!!とはなりませんでした、、

結構期待してたので残念かなあ~

 

特に最後、栄転する女の子が叫ぶシーン、街についての愛が炸裂してグッと来るところなんでしょうが、正直私はこの街に絶対住みたくない( )と思ったので全く共感できなかった……つらい……

左遷されてきたら左遷くんとかあだ名つくし普通にむりでは!?私は都会が好きです!?

人情ものが向いてないのか私がただドライなのかという感じです。ドライなのかなあつら。

 

 

 

ただ実行委員長マジで好きだった、、

あと座組も楽しそうでほんとに街の人たちって感じで仲良しはとてもいいことだなって思いました。

 

俳優座は椅子柔らかいかなと思ったのに結構後半きつかった~

でも一番はじっこでも見えたのでよかったなあ!と思いました。

 

おしまい。

ホストちゃんが終わった話。

大千秋楽を迎えました、

私のホストちゃんREBORN

 

愛知まで行って参りました。

そして性懲りもなくまたブログ書きます。

読んでくださる方は一個人の意見として流してくださいね……という予防線を張っておきます。

 

 

しかし、すごいなあ、ホストちゃん。

 

 

結構前評判ではホストちゃんは推しにでてほしくないだの、鈴木お○む大嫌いだのネガティブな発言をたくさんみました。

 

 

ふたを開けてみたら、システム以外は本当に面白いことばっかりで。

今回のは各クラブごとにお話が結構確立してたのでオムニバスで繋がっているものが同時進行し、最後同じところに来て話が紡がれていく、という表現が出来るのかな、と。

 

記事もあげましたが私のネタバレポ、それしか読んでない人はしっちゃかめっちゃかだとおもいます。

 

そして今日、大千秋楽、日替わりで医者を聞く場面

 

この中に医者だってやつ

ホストちゃん千秋楽で寂しいってやつ

ホストちゃん次もあったら出たいってやつ

実はちょっと迷ってるってやつ

この中に実は医者だってやつ

 

でした。

迷ってる人、半数以上いたなかで、推しは手をあげませんでした。

次も出たいんだろうな、それが節々から伝わってくる本日の大千秋楽だったとおもいます。

 

次世代ナンバーワンと期待されてた、そのプレッシャーをガチ口説きでは告白していました。稽古にもあまり出れず、年始になってもあかんかった、台詞は入らない、踊れない、その苦しみを乗り越えて彼は今日、ナンバーワンになりました。苦しいときに支えてくれた同じCLUBの皆を押さえつけ、1位になりました。

 

心苦しかっただろう。

申し訳なかっただろう。

でも嬉しかっただろう。

 

彼の涙はそのすべての現れだと思いました。

 

でも、それがホストちゃんだ、と私は思います。

 

私は次世代ナンバーワンなら大千秋楽にナンバーワンをとるべきだ、とるべき男として、ナンバーワンホスト夕妃のハート缶バッジシステム受け継いだのではないのか。ニューカマーナンバーワンの2つ名は伊達ではないはずだ。

と、自分がマチネ終わりにラブぶちこんでからずっと唱えていました。 

 

結果白スーツを来て歌う推しの姿は本当に輝いていました。

 

 

賛否両論ある舞台です。本当に。

正直私はこの舞台の歴史について無知だし(前作はDVDを物販で購入しましたが)福岡とかそれより前のやつとかドラマとかに関しては無知です。

そんな私だけど、この舞台にはそのラブを、金を落とすだけの価値は存在していると思いました。

 

推しにラブ分お金がいくわけじゃないけどホストだって歩合制なんだから、ラブ多い人に上乗せで給料あげたってよ!とちょっと思いますがあくまで舞台だしなあ……でもテレビでもギャラの違いは年数であるわけやし……ごにょごにょ

 

とにかく私は運営は嫌いでも推しが決めたお仕事なら応援すると自分に言い聞かせるタイプのオタクです。推し大人だし、仕事の良し悪しはもう自分で判断できるだろうし、何より推しは次も出る気満々だし。次があれば、の話ですが。

 

でも、ホストちゃん、推しが次出ても出なくても見に行きたい。

 

ただ今日のは深雪流星のたぶんこれが最後だろうなあ発言がつらかったです。

深雪、千秋楽公演中のroseの夢語るところで次もホストちゃんでお前たちに会うこと、みたいなこといってたのに😢😢

 

なんでだよ~!!!!!

 

先輩、いかないでほしい。まだフレッシュはあなたを越えられてない。なんならもっと前の皆復活して???頼む!!!!!

 

 

 

栄の皆さんはぜひまた出てきてほしいです。頼む。

 

 

とにもかくにも私はこのゲスな舞台(システムが、金的な意味で)の裏で推しが成長したのを感じました。ただマジで病まないでほしい出演者全員。次があると思ってめげないでほしい。そう思いました。

 

なんかもっと、ガツガツと、俺に金をおとせよ?ぐらいのやつがいてもよかったな~

 

私の好きな場面 

 

ラーブラブちょうだいラブちょうだい \ラブちょうだい!/

ちょうだいちょうだいちょうだいちょうだいちょちょちょちょちょうだ~い!!!

 

ぐらいの元気な感じでやってほしいなあ。1位になりたい、ならなきゃならなきゃ、ってなっちゃうのはわかるけどこのくらいの軽いスタンスできてくれてもいいんじゃないかなって。

 

この舞台は一幕最後の歌に表現されてる気がしました。

 

ど~やこれどうや?本当は嫌いじゃないって知ってるぜ~

 

確かになあ。何だかんだ見に来てる人は大多数嫌いじゃないと思うし。なあ。

 

 

 

 

とにもかくにもお疲れさまでした。

 

 

推しのお陰でこの舞台を知れてよかった。

そしてラブをあげてよかったと思える推しでよかった。

 

 

 

センターオブジアース

この世界の中心で

今お前に伝える

俺たち最高

 

 

 

 

 

 

ホストちゃんREBORN。

 

見に行ってきました。ホストちゃん!

 

ホストちゃんの前情報はラブのシステムくらいしか無いまま1回目を見に行きました。後前回から残っているのが深雪と流星(染さまとくぼひで氏)だけだったっていうのも知ってました。

正直私は最初ホストちゃんのことなんにも知らなかったのでへ~ホストの舞台何かあるんだ推しくんでるんだへ~ぐらいにしか思ってなかったんです。

インスタで何か今公開オーディションどうこうみたいな投稿してたけどガン無視してた。あんま興味なかったみたい、その時の私。気づいたら1位で抜けて本決まりしてるし。ウケる。

 

けど、何かTwitterとかみてたらそのうちホストちゃんは推しに出てほしくない舞台ナンバーワンみたいなこと書いてあってマジかマジか、と。

何で皆そんなこと言うの~と思って調べたら……口説き……口説き?ン?なんじゃい?って話です。俳優が一般人のこと口説くってそんなあ~知ってたらVIPとってますやん~直接接客とは書いてあったけど~

(他にも理由があったようで。追記に記載しました。)

 

 

やはりこの世界、情弱が負ける。そう思いました。

 

 

というわけでゴージャスシートでの観劇です。2回見に行ったんで総合して感想をのべていきたいと思います。

後でよくよく思い出したんですけど私そういえばドラマ版見かけたことあったっていう。今井華さんが出てる辺りのやつ。松下優也くんの印象強かった。なんじゃこの意味のわからないいかがわしい深夜ドラマはと思ってました。舞台版楽しいね。いかがわしいとか思ってごめんよ。でもいかがわしかったよ。

 

今回のは前回のからキャスト総取っ替えになってて20人のフレッシュホストが現れて、、って感じでした。最初皆ホストじゃないのに最終的にホストになるのめっちゃ面白い。何で皆ホストなんだよ。いやホストちゃんなんだけど。

 

↓ここからネタバレ入ります

 

話としては築地の移転問題で怒る築地の若者たちだったり来る東京五輪だったりで都内わちゃわちゃのなか最終的にホストが都知事を落とそうと言う話です。正直あらすじをまとめようと思っても無理です。わけわからん。なんじゃありゃ。 

でも私は何かぶっとんでて意味のわからない舞台が大好きなので今回のめちゃくちゃ感がとても好きでした。

 

まず始めに甘王さんがフレッシュホストたちを呼び俺たちが生まれた日おめでとう的な歌(Happy Day みたいな感じのやつ)を歌い、そっから本編スタート!築地の豊洲移転問題が滞ってることに怒った築地の3代目(新成人)が、成人式で築地どうなってンだコラとラップでいちゃもんつけるところから始まります。そしたらDJポリスが鎮圧して最終的に築地の3代目(袴着てた五人)のみが残ります(理人唯我豪太絵空鋭利)。さらにそこから絵空鋭利が夢があるのでといって離脱。どうしようもなくなる理人唯我豪太。

理人「夢も希望もない俺たちはいったいこれからどうしたらいいんだよ~!!」

なんだか刺さります。

そこへ、どこからともなく鈴の音のような音が。

?「らっしゃいらっしゃい~夢も希望も金もない若者は歌舞伎町のホストに、へいらっしゃい。」

↑これが深雪さんなんですね~らっしゃいらっしゃいの声がとってもよかった。

深雪「やろうよホストォ!俺たちと一緒にィ!!!」

ここから突如としてらっしゃいらっしゃいって、歌が始まります。さっきはけたやつら黒スーツになって全員出てくる。

頑張って耳コピしようとしたが難しい。

 

クラブ勢揃いだフレッシュホスト(fu-!)

俺たちが作る新しい伝説(yeah!)

は!や!く!みせたいぜ!お!れ!の!白スーツ!

「                     」

ホストちゃん!リボーン!

 

「」の部分どうしても聞き取れません。誰か。誰か教えてはくれませんでしょうか。ゲネプロ映像にここ映ってるから、、、

 

ここすごいゲネプロ映像みたから印象強いんですけど、、このらっしゃいらっしゃいの歌、踊りも好きで、くせになります。

そんでそのままこの築地3代目三人とマーケットファイブ(戦隊ものやっててでも人気でなくて、、っていう男四人恐らく深雪のスカウトできた)(海斗氷河檸檬蜜柑)が、ホストになるために甘王さんが開いたホスト大学通称ホス大に通います。教授は深雪。主に女性心理学教えますってのが素晴らしい。だけど海斗氷河は戦隊ものの赤と青でプライドは捨てられずホス大を即やめ。→朝ホストになる!とかなんとか。風営法講座がここで入ります。要は風営法で働けない時間帯の代わりに朝ホストを営業するって話~!ここでも歌。歌多くて楽しい。ポリス歌うまい。

海斗氷河の朝六時に歌舞伎町で待ってるぜ?がよかった。朝はえーし起きられんよ。

このホストクラブはもぐらグループ傘下でそのトップのねぶり輝彦が今回のまあ大ボスな訳でそいつは夜にダンシングバーを営んでいてその実そこは風営法の規定を超えて営業してる裏ホストのクラブポッシブルだった!というね!

そこに他の皆が大体いました。茶々彦拓磨幸之助快晴鋭利そしてレジェンドの流星がいてなんかいろいろとやってましたね。

あとは都庁で都知事と遥と騎士がまあいろいろ。

それとさっき抜けた絵空は劇団(スーパー絵空Japan)やってて(絵空好平純一郎愛哉玉緒)それが都知事に認められて一時はオリンピックのパフォーマンスに!ってなったんだけど結果おじゃんでホームレスでなんやかんやあって花園神社でホームレスホスト(猫ホスト)になってた。

そんで歌舞伎町一掃するべ~って都知事がマッスルヒルズ建設します!って言うんだけどそれ困る!都知事口説いてやめさせる!みたいな感じでした。

最初はクラブポッシブルが口説いて歌舞伎町ショウビズヒルズになりました。ポッシブルの面々はほんとはダンスと歌やりたかった。でもホストなくなるの困るよ~って言ってこんどはクラブローズ(ホス大のみんな)が口説いてホストヒルズになります。ホスト実は夢のある若者で素敵ね!って都知事がなって、ホストたちのための祭典ホス五輪やるで!みたいになって皆が金メダル目指して勝負する……

そんな中建設に関わってる大ボスのねぶり輝彦が、不正してて地下空間に盛り土してない!ってなり、、、 

当然都知事は怒るんだけど実はねぶり、昔ハニーズってアイドルやってて都知事はそれのファンだったため惑わされかけ……それにキレた娘がやり投げのやりねぶりに投げて都知事がかばって刺さるっていう……

そしたらなんとフレッシュホストの中にどんな手術でも絶対に失敗しない天才外科医ドクターXX(ダブルエックス)がいるという…… でも誰だかわかんなくてわちゃわちゃして(ここたぶん日替わり)、結果1位のホストが天才外科医に決まってるやろ!ってなる。

んで一幕終わり。二時間もあって疲れた、、

 

ほんとはもっと要素が色々あるけど書いてたら話余計難しくて私に要約できるのはこれが限界でした。文才ほしい。

 

でナンバーワンレビューやり、そのナンバーワンが実は天才外科医で、手術成功、都知事復活!

でもねぶりはまだ諦めておらずその盛り土をしていない空間でなんとクラブゾンビを経営するという!→ポリスがゾンビ化して登場

 

二位から七位までがゾンビになります。そして深雪&流星&フレッシュナンバーワンが二位から七位までをたこ殴り、そしてポリスと戦って、最後はねぶり。

そこで投票結果が出てセンターガイがねぶりに止めをさせる→そして歌(センターオブジアース みたいなやつ)

 

一応最後は大甘王から電話があって大阪ミナミ編へ続く!かも!

となっておりました~

 

 

何か口説きとか話の流れとかいろいろ戸惑うことは多かったけど全体的には楽しい舞台でした。これを機に染さまがとっても気になるようになりました。

まあ茶の間からは出ないかな……でも機会があれば生でまたお芝居見てみたい俳優さんです!

 

私が見に行った二回は私が前から存じてる二人がフレッシュナンバーワンで、一つはセンターガイもフレッシュがとった回に行けましたもんで非常に楽しい回でした。

私は珍しいことに染さまのセンターガイを見れていないので大楽いくんですけどマチソワどっちか深雪センターガイみたいなあ~!!!

と思いました。

 

 

ホストちゃん楽しいけど!!!!推しの口説きタイムみるのはすごいつらいし!!!ネタに走ってくれるとほっとする!!!

 

ガチ口説きで相手立たせて抱き締めて頬を肩にすり寄せてたときはさすがに心が泣いた。そこまでせんでよくない!?てか初対面!?マジで!?って感じだった

それだけ演技がうまいってことなのか~😢😢推しくん~😢😢

あのときあの場所にいた全同担はリアコ非リアコ問わず泣いたと思います。分かる。分かるよ。私喉の奥がグッって鳴ったよ。

 

 

ああ思い出すだけでしんどい。口説き内容がすごくよかっただけにしんどい。

 

 

 

フッ軽オタク目指しているので軽率に愛知までばびゅーんします

でも一番の決め手は推しくんが夏に決まった(であろう)舞台です

ゴミチケ取れないっていうやつなんで。すげえ病むじゃん。.5多すぎ。

 

とにもかくにもホストちゃん最後まで楽しみたいと思います。

 

 

ホストちゃんは推しが出ても楽しい舞台だけど推しがでない方がもっと楽しい舞台だなあ。

 

 

口説かれたい人生だった。

 

 

追記:2ちゃんとか読んでると皆総合プロデュースのかの方大嫌いでなるほどそれでこの作品が疎まれてるのかと思いました。今あの人イケメン商法で稼いでるんだね(メンフリとか2ちゃんで読んで知った)。モブ親父みある……ほんと…… 舞台楽しいのは脚本演出の方?のお陰だと思うのでモブ親父のことは極力考えないのが吉かな……私結局運営嫌いでも推しが好きだから推しがやることにお金落とすタイプなので。こういうとき推しに盲目な方が楽やな……と思いました。