細々とおたく

舞台とかの感想を雑多に書きます

ここ半年間のお話。

新年明けまして。

2017年になりました。

 

2016年、いろいろありました。

なんと言っても今年、私は初めて舞台というものを観劇に行き、結果このブログを開設するにいたりました。

 

初めての観劇は5月、銀河劇場でした。

『闇狩人』

銀河劇場がどこにあるかもわからず!天王洲アイルなんかで降りたこともなく!

頭に❓を浮かべながらなんだか空港へ行くような電車にのって向かいました。一人で。

着いたら会場の回りには人がまあまあいて、私は知り合いもいないのでチケットを握りしめながら佇みました(寂しい)

チケットを握りしめるあまりチケットが手汗で湿りました。

 

ちなみにその日は舞台初日だったみたいです。

主演は一応二人いて、二人含む四人がメインメンバー、悪役(ラスボス)が一人、って感じでした。小悪党はたくさんいたよ。

 

結論から言えば怖かったです。舞台の内容から言っても当たり前でした。闇夜に暗躍する仕事人のお話でしたから!当たり前だよね!

ただ武器がなんか通常とちょっと違うからダークコメディーなんかと思ったのです…

全然違う…普通に人死ぬ…

でもアクションすごかったです…

席前だったんですが怖かったんで中央くらいでみたかったな~~!!

 

あと舞台装置移動しながらそこよじ登ってるシーンがあってすごいなと思いました。

あとこの舞台で、脇役の人(言い方が悪いけどつまりはちょい役?)は使い回し(これも言い方が悪い)でいろんな役を演じるんだな!と思いました!

 

初観劇。学び。

 

次の観劇は6月、新宿紀伊国屋ホールでした。

『ポセイドンの牙』

全ステしたかったんですけど、自分の予定が合わず、7公演中4公演入りました。

毎日当券出てたし、公演数的にも普通に全ステできたなあ。と後悔してます。

 

この舞台、話がね、ぶっとんでました。

展開もぶっとんでたし、初日、呆然とした記憶しかありません。

まず私は舞台初心者です。客降りという文化を知りません。

5月の舞台で主演が後ろから通路歩いて舞台に上がっただけで度肝抜かれました。

それが、この舞台、開園5分前からキャスト(主演除く)が、客席に現れて、好き放題やるんですよ!!!(言い方)

私はメインキャスト5人のうち2人が斜め前の空席に座りました。意味が分からない。

しかも席につくために歩いていたらキャストがいて通れないどうしようと思ったら道譲られました。

俳優に道譲られる経験はありませんでしたので驚きました( )

 

結構2.5次元出てるキャスト多くて人がたくさんかと思いきやそうでもなく!話はぶっとんでたが面白く!隣の人がキャストに話しかけられたお陰で近くでみれ!舞台はこういうものなのかと勘違いしそうになりました!

 

アフタートークって結構短いんだなあ~

あとDVDに一切メイキングが入ってなくて辛かったな~

 

 

続いて七月、シアターコクーン

『ゴーゴーボーイズ、ゴーゴーヘブン』

これは劇団大人計画主宰のテレビに出ているような俳優さんがたくさん出ている舞台でした。

岡田将生くんが見たかったんです。

ただそれだけのためによく知らず見に行きました。

戦場ボーイズラブ岡田将生くんが演じる、見に行くしかないじゃないですか。

 

結果!とってもなんかエロスな作品でしたね!なんか!メタファーが多くて。

マイクロチップ埋め込んだり取り出したりとか、なんか、メタファーですよね。

3列目で岡田将生くんのお尻を拝むことになろうとは。

 

途中、松尾スズキさんが出て来て讃えるところがあるんですが、その周りで踊るゴーゴーボーイズやってた子達(厳密にはこのシーンではゴーゴーボーイズではないと思うのだが)が、もう何かエロス爆発で、こんなにも若い男の子は美しいのかと思いました。

若い肉体、最高ですね。

 

もう一回見に行きたかったんですが何しろお金がないし恐らく立ち見だしということで諦めました。

WOWOWで放送されるし見たい。WOWOW入ってないけど。

 

 

8月。アイアシアター です。

『ROCK MUSICAL BLEACH ~もうひとつの地上~』

アイア初めて行きました。初2.5次元です。

散々プレハブプレハブ聞いてたのですが中入るとそれなりにきれいですね!椅子固いけど!

トイレもなんかすごい簡素だけど中入ると多いし!汚くはないし!

そんなに嫌な思い出はありません。運よく虫が出なくてよかった。夏だし。ナルステのとき出たらしいですね、、超怖い無理。たぶん出たのに遭遇したら絶対この劇場嫌いになるだろうな。

 

BLEACH原作が大好きで。正直今まで中学生くらいの時からずっとブリミュやってたこと知ってました。

で、ビジュアル見て大激怒してました。許せなくて。

でも私も大人になって、次世代のイケメン出てるし、舞台行き初めて好きになってるし、いっちょ新しいキャストでやるなら行くか、ということして行ってみました。

 

結論から言うと、よかったです。

求めていた世界がそこにはありました。てか私がもうブリミュやりたい。死神になりたい。

まあ気にくわないところももちろんあったけど2.5次元にはつきものなのではないでしょうか。

 

でもTwitterとかで検索すると初代が至高みたいな人がいっぱいいて。

私が批判的だったものをすきな人もいるからいつかみてみたいと思いました。

でもやっぱビジュ気にしちゃって、どうしても嫌だな~みたいな方がいます。

やっぱ世の中顔ですやん…(小声)

でもみれば変わるんだろうな!と思いつつ

なかなかみる気にはなれないのでした。

 

飛んで11月 アイアシアター

『ハイパープロジェクション演劇 ハイキュー!! 烏野復活!』

 

題名は多少間違っているかも。

原作読者なんでいくらよいという評判でも私は違うぞと言う斜に構えた感じで行きました。ブリミュもこのスタンスで行ってました。

結論から言うとよかったです。

opで鳥肌たちました。原作のキャラクターが後ろに映るだけでテンション上がりますよね。

初演も再演もいってないので何から何まで新しく感じました。

 

言うところがあるとすれば要素が多すぎて目が追い付かない

原作の感動どころでも同時多発的に起こるのでそんなに感動できない

試合がたまに経過がわからんくなる

人が多すぎる

 

という難点がありました。まあ最後の二個くらいは舞台化する点でしょうがないところなのかなあとは思うけど!

 

私は二口青根のウアス!が目立たなかったことに怒っているだけですが。

あそこは伊達工3年が春高を待たずに引退してしまうという最大泣きポイントです。( )

もっとそういう小さいところが大事になるといいかな~と思いました。

 

新作たぶんインハイ一試合だけかと思うんで丁寧に演出してほしいです。

あと青葉城西の子達ほぼ初見なんでどうなるかも楽しみです。

ビジュ的にはまだ批判的です!!!

 

でも大体演技みたら態度すさまじいスピードで軟化するんでたぶんそうなります( )

 

 

2017年はもっと舞台見に行きたいですね。